スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪夢再び!!

ちょうど一年前の出来事・・・

私は痔瘻という病気になりました。

基本手術をしないと完治しない病気です。
暇な時期にでも手術と思っていましたが、
あれからそうひどい痛みが出る訳でもなく、ちょうど仕事も忙しく

気がつけばすっかり病院に行くタイミングを逃し、
現在までだましだましですが平穏な日々をすごしておりました。




ところが9月も中旬を迎えようとしていたころ。

「んっ・・・なんか最近痛いな~~」と座るポジションを正す。

痛みが出たのはこの一年間で初めてでは無く
何回か「んんっ もしや」となりましたが2~3日後には消えてました。

そんなこともあり、「また治まるだろう」と高をくくっていましたが、
痛みは日に日にジワジワとそして確実に増していきました。

9月13日(木)
 とどめを刺したのは恐らくこの日、子供と一緒に河川敷で原付バイクで
 『キャッキャ♪』いって乗り回 して遊んだ時でしょう。(今の私にとっては夢のようです)

 この日を境に痛みは鰻登りに増していきました。

14日(金)
 明らかに痛みが増し、一年前の恐怖の出来事が頭をよぎる。
 患部はポッコリと腫れ、すでに普通に座れなくなる。

15日(土)
 一般の方は3連休の初日、お客様の家に訪問&打合せ。
 「どうぞソファに座って下さい」と言われるもとてもじゃないが
 座れない…正座の方が楽なので
 「いやぁこっちの方が打合せしやすいんで・・・」といってごまかす。

16日(日)
 かちまいホームセンターのイベント
 3時位までいるも歩き方が完全にアウト!
 漏らした子供のようになり挫折・・・事務所にもどる。

17日(月祝)
 夜に別のお客様と打合せ。
 打合せの終わるころには痛みはもうピークに・・・
 帰り際正直に現状をお話しました。
 「近日中もしかしたら連絡が途絶えるかもしれません、もし連絡がつかなければお察しください。」
 と伝え帰宅。

18日(火)
 待ちに待った平日・・・
 早速病院へGO!!
 先生が「もう切んないとダメだね・・・今から入院してもらって、夕方手術して…かくかくしかじか・・・」
 
 いやいやちょっとまって先生! まず心構えができておりません! それに今晩予定も入ってるし・・・

 手術は明日にしてもらい、とりあえずCTやら心電図、レントゲン
 血液・尿検査などをして今日は終了、
 思いの外いろいろ検査して会計の時お金が足りなくなってしまい
 取りに戻ってまた行って・・・(痛いのに~~~)

19日(水)
 手術当日、先生の話だと1泊2日でもいけるような話っぷりだったので。
 結構軽い気持ちでいました。
 家族にも1泊2日の出張程度に伝えて
 「じゃあ 行ってくるね~」と一人で病院へ・・・

 9時に来て下さいと言われていたので9時に行きましたが
 手術は夕方の4時・・・ いきなり暇をもてあましました。

 3時位に病衣に着替えて点滴開始、一気に病人っぽくなり
 4時ちょっと前に看護師さんが迎えに来て、歩いてオペ室へ・・・

 下半身麻酔の注射をチクリ・・・ほんわりと暖かく感じる・・・
 「眠ってた方が楽かい?」といわれコクリとうなずき
 なんか機械持ってきて・・・顔の前に・・・何か・・・来た・・・な・・・zzzz




 「・・・さん ・・・ずきさん ・・・しゅ ・・・わり ・・・たよ 」



 「鈴木さん手術終りましたよ。」

 と~っても気持ちよく寝てました。手術の記憶一切なしです。
 なんて楽なんだ、こりゃ明日帰れるわ・・・と 思いきや

 夜麻酔が切れるとあ~も~痛くて痛くて、なんと表現していいか
 わからないです。

 下にも心臓がある感じ。

 夜中トイレに行きたくなって、ゾンビのように歩いて行き、
 戻る途中痛みで貧血になりダウン・・・自力で戻れなくなり、
 看護師さんに車椅子で部屋まで戻してもらうはめに・・・

20日(木)
 軽い気持ちで来た事を、ただただ後悔・・・
 痛い・・・あ~痛い・・・こんな状態で帰っても家族に迷惑をかけるだけ。
 もう一泊させていただくことに・・・

21日(金)
 なんとか退院、するとそこにはいきなり大きな壁が・・・
 自分で車を運転してきたので当然帰りも自分で・・・
 まずシートに座れない、ゆっくりゆっくりと腰をおろす。
 体重をかけないよう左足でつっぱりながら運転、家に着くころには
 左足がプルップルに・・・

22日(土)~現在
 とにかくトイレが恐怖!!
 終了時には痛みで放心状態、汗だくになり、すべてを燃やしつきた感じに・・・
 あまりの痛さに自主的にプチ食事制限開始。

 退院してはや一週間、痛みは少しずつ和らぐが
 いまだにトイレから戻った私はどんよりと暗く、しばらく座れず立ちながらパソコンをいじる・・・

 保育園に子供を迎えに行くと先生が笑いをこらえていた。
 (子供が先生に伝えていたようです、いっそのこと笑ってくれた方がありがたいです)

 お客様との打合せ時にはドーナツ座布団持参、必須アイテムです。

 多少の不自由はあるもののなんとか頑張れそうですが、
 気がかりなことが一つ・・・
 それは今回は根治手術ではないということ。

 簡単に言えばもう一回手術をしなければならないんです。

 今回は膿でパンパンになっていた部分に穴を開けて膿を出して、チューブをつけて
 中に溜まらないようにし、袋を小さくするといった感じ・・・

 そして小さくなった袋を次回取り除く予定です。
 次回は心してかかります。

 
 ちなみにそんな私は今日(9月29日)が誕生日

 チューブ付の36才(年男)になりました。

 すずき

スポンサーサイト

十勝2*4協会 in 札幌

たけいちです。
すっかり、ご無沙汰です。  すずきがUPしたのであわててUPしました。

先日、十勝2*4協会の1泊2日の札幌研修があり、企画部会の私か企画して執り行われました。

初日は、循環型住宅の設計ガイドラインの講習会を5時間にわたり、講習を受けました。
循環型住宅は、国の住宅造りの指針でCASSBEEと並ぶ、これからの住宅の方向性であり
改正省エネ法に準拠したものです。
エネルギー消費量50%削減と省CO2をうたっています。
この辺の指針が、2020年の義務化に関わってきており、劇的に住宅に対する考え方が変わってくると
思われます。
今後の住宅は、デザイン性・機能性・断熱性・耐久性に環境性能を加味したもの変化していくと
のだと思います。
そのためには、きちんとした知識と設計能力と施工性の向上が絶対必要ですね。

ちょっと、年を取った頭にはかなり厳し~いです。


で~、翌日は住宅視察をアキレス(断熱の会社)の酒井さんのコーディネイトのもとまわってきました。
1件目は、元北大の教授であった、旧荒谷邸で約33年前の自邸で構造はブロック造ではあるのですが
まさに、昨日勉強した循環型住宅を33年前に実践して計画し、今もかなりの省エネ住宅の性能を
有していました。
まだ、トリプルガラスが日本にない頃、試行錯誤で自ら造ってしまっていました。




そして2件目は、小樽まで行き 田上記念館を観ました。田上義也氏はフランクロイドの愛弟子であり
北海道に渡り、いくつもの建築を手がけられた方で、その内の1つの小樽新聞社重役の坂牛さんの
住宅を記念館として一般開放しています。
フランクロイドの雰囲気を少し味わえました。
s-DSC01454.jpg


3件目は、札幌の東区にある 茶廊法邑 でギャラリーと喫茶店の併用店舗で、札幌の建築家 中山真琴氏が
手がけたものです。私も大変好きな建築家で、3年前に1人でおじゃましたことはあったのですが
今回また寄らせていただきました。
ホントに雰囲気の良いお店ですので、みなさんも是非~。
s-DSC01460.jpg


そして最後は、今札幌の建築家としては全国区になっている 赤坂真一郎さんの自邸を観させて
いただきました。
雑誌ではすでに取り上げられていたので、写真では拝見していたのですが、やっぱ、生は違いますわ。
細かいディテールの美しさもさることながら、計算された空間構成に脱帽です。
本当にやはり評価されている方は、ちょっとしたことですがとらえ方が違うんですね。
いい家でした。s-DSC01462.jpg

s-DSC01469.jpg

座っているのが、赤坂真一郎さんです。

ご無沙汰しておりました。

いや~ またやっちゃいました~すっかりご無沙汰してしまいましたね~

気がつけば4ヶ月以上更新してませんでした。

何がそんなに忙しいかって言われると『???』っとなってしまいますが、
な~んかバタバタしてました。

7月の終わりから工事に入っていた分譲マンションの一室の改修工事が終わり
ましたので写真をアップしてみます。

キッチン、ユニットバス、洗面台、トイレの住設機器はすべて新品に交換
間仕切りもいじってクロスも全て貼替えてと結構大々的に改修させていただきました。

ココまでの分譲マンションでの改修工事は今回初めてさせていただきましたが
安い中古物件を購入し、好きなメーカーの住設機器に入れ替えて改修する。
こういった選択肢もいいですね、アリだと思います。

今回工事をさせていただいたのは10階建ての9階部分、
エレベーターに乗らない建材達はみなこの非常階段から人の手で運びこまれました。
もう業者さんにとっては嫌がらせでしかありませんね。
RIMG0048.jpg
『おっ、お疲れ様です』・・・・・・もうそれしか言えません。
そしてゴメンナサイ・・・でも悪気はないんです・・・

でもって完成した写真がこちら

こんなんだったのが~
RIMG0083.jpg
こんな感じに~
RIMG0107.jpg


反対側は~
RIMG0085.jpg
こんな感じで~
RIMG0109.jpg


閉鎖的だったキッチンも~
RIMG0087.jpg
こんなに開放的に~
RIMG0117.jpg


別なアングルからでも~
RIMG0088.jpg
やっぱり開放的~
RIMG0118.jpg


寝室も~
RIMG0093.jpg
いい感じ~
RIMG0094.jpg

改修工事って何度やっても奥が深いですね~
見えない部分を想像して見積をして開けてビックリなんてザラですからね~
その場その場でどうするか判断して、指示してあげないと工事が
進まなくなってしまうので、どうしても付きっきりになってしまいます。

う~んまだまだですね 勉強になります!!

すずき
プロフィール

TRADアーキテクツ

Author:TRADアーキテクツ
トラッドアーキテクツのブログです。建築に関するニュースや日々の出来事をスタッフ3名で運営していきます。

インスタグラム
facebook
最新記事
カテゴリ
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。